「穂別にお小遣いあげるから一度デートしてくれよ。」カフェで働く私にしつこく付きまとうこの男性はカフェのオーナーでした。仕事を辞めればそれで終わりだけど、給料もいいし、職場には好きな人もいるから辞めたくはありませんでした。

次の日、穂別の意味がよく分からなかった私は好きな人に穂別の意味を教えてもらいました。そして私はますますオーナーに会いたくないと思いました。「オーナー最悪だな。彼氏が出来たと嘘をついてみるのはどう。彼氏役は俺がやるよ。」「本当。」「嘘でなくても本当に付き合っても俺はいいよ。」私は嬉しくなり彼とデートの約束をしました。
ホ別イチゴ

数日後、私は彼とデートをしました。前から好きだった彼。オーナーに穂別の意味を彼に教えてもらったのがきっかけにデートが出来たのでオーナーに感謝している私がいました。楽しいデートはあっという間に時間が経ちました。帰り道、偶然にオーナーに会いました。オーナー私が男性と一緒の姿を見て少し残念そうな顔をしていました。

「今日は彼氏と一緒なんだね。君もあのカフェで働いているよね。お客さんにも愛嬌があると良い評判も聞くしこれからも頑張ってね。」「はい。」それ以降、オーナーが私の前に現れることはありませんでした。噂によると従業員にセクハラ行為をしていることを奥さんに知られてしまい大人しくしているみたいです。そして、その告白をバラしたのは彼でした。「店では偉い立場だけど、奥さんには勝てないみたいだね。」「ありがとう。」その後私達は付き合うことになりました。
雌奴隷
オナ電
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX